生成AIの普及で高まるリスク、従業員による機密データ入力も

今回は「生成AIの普及で高まるリスク、従業員による機密データ入力も」についてご紹介します。

関連ワード (CIO/経営等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 企業の従業員は、機密データが漏えいする可能性があることを大きなリスクだと認識しているにもかかわらず、一般に公開されているAIツールに機密情報を入力している。

 Veritas Technologiesが発表した調査結果によれば、こうした機密データには、顧客情報や売上高、財務データのほか、電子メールアドレスや電話番号などの個人を特定できる情報も含まれているという。また多くの従業員には、職場でのこれらのツールの利用に関する明確なポリシーやガイダンスが与えられていないことも分かった。

 この調査は、オーストラリア、中国、日本、シンガポール、韓国、フランス、ドイツ、英国、米国の労働者1万1500人を対象として、市場調査会社である3Gemが2023年12月に実施したものだ。

 一般公開されている生成AIツールの使用による企業のリスクを尋ねる質問では、回答者の39%が機密データの漏えいの可能性を挙げており、38%がこれらのツールは過った情報や不正確な情報、役に立たない情報を生成する可能性があると回答していた。また、回答者の37%はコンプライアンスのリスクを挙げており、19%は生産性に悪影響を及ぼす可能性があると指摘していた。

 AIツールの利用頻度については、約57%が週1回以上使用しており、22.3%は毎日使用していた。一方、約28%の回答者は、それらのツールをまったく使っていないと述べている。

 使途については、半数近く(42%)が調査や分析に生成AIツールを使っており、40%がメールのメッセージやメモを書くこと、41%が文章の推敲を目的として使用していた。

 一般公開されている生成AIツールに入力することによってビジネス価値が得られると思われるデータの種類を尋ねた質問では、回答者の30%が顧客に関する情報を挙げた。また、約29%が売上高、28%が主要な財務情報、25%が個人を特定できる情報と回答しており、22%は秘密の人事データを、17%は会社の機密情報を挙げていた。

 また回答者の約27%は、このような機密情報を公共の生成AIツールに入力してもビジネス的な価値は得られないと考えていた。

 調査では、回答者の3分の1弱(31%)が生成AIツールに機密データを入力したことがあり、5%は入力したかどうかわからないことも明らかになった。ただし、3分の2近く(64%)は、一般に公開されている生成AIツールに機密データを入力したことはないと述べている。

 新たなテクノジーの利用が企業にもたらすメリットを尋ねたところ、回答者の48%が、情報に素早くアクセスできるようになると答えた。40%は生産性の向上をメリットして挙げ、39%は生成AIが日常的な業務を肩代わりできると述べていた。また、34%は新しいアイデアの創出に役立つと答えている。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
HashiCorp、「Terraform Cloud」で「Streamlined Run Task Reviews」機能を一般提供
IT関連
2023-10-04 17:16
ビジネス文書の電子化と活用に潜む法的課題と対応とは?
IT関連
2022-11-19 03:57
技術者がいなくても文書処理をAI化できるノーコードプラットフォームのLang.aiがシードで2.1億円調達
人工知能・AI
2021-02-12 09:53
1PasswordのAndroid版がパスキーに正式対応。iOS版や各種ブラウザ版1Passwordとのパスキーの同期が可能に
FIDO/WebAuthn
2024-03-11 20:26
「ChromeOS」で仮想キーボードを有効にして使用するには
IT関連
2022-11-25 01:29
5月13日は「ビットコイン」「チケットぴあ」が話題に 今日のトレンドをサクッとおさらい : ほぼ日刊ITトレンドワード
IT関連
2021-05-14 02:29
Apple、WWDC21の基調講演を日本時間6月8日午前2時に開始
IT関連
2021-05-26 16:03
「デジタル田園都市国家構想」でデータセンター分散化、その狙いは?
IT関連
2022-10-05 15:36
注目集まるデジタルサイネージ–マーケティングへの新施策
IT関連
2023-11-21 09:01
AIが幅を広げる「需要予測」の可能性
IT関連
2022-07-05 12:48
OpenAI、アルトマンCEOを解任–撤回の可能性も
IT関連
2023-11-21 00:02
LayerX、Android版「バクラク申請・経費精算」を提供開始
IT関連
2022-09-08 19:19
アフリカや東欧で交通ネットワーク拡大に取り組むBoltが国際金融公社から約25.8億円調達
モビリティ
2021-03-09 07:56
マイクロソフトの政治活動委員会が選挙結果に反対した政治家への献金を止め進歩的な団体を支援
その他
2021-02-07 18:33