日本IBM、南都銀行の最新バンキングアプリで開発支援

今回は「日本IBM、南都銀行の最新バンキングアプリで開発支援」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 日本IBMは、SBIネオファイナンシャルサービシーズと、南都銀行のバンキングアプリ「南都銀行アプリ」の開発を支援したと発表した。同アプリは4月1日から提供されており、SBIネオファイナンシャルサービシーズがアプリのホーム画面や各種取引・紹介画面などをシンプルに使いやすくした。

 このアプリはスマートフォンから利用できる。生体認証を活用した「FIDO」認証に加えて、地方銀行初の「LIQUID Auth Face」認証など、最先端のセキュリティを導入。ID・パスワードレスを実現している。LIQUID Auth Face認証は、Liquidが提供するサービスで、「LIQUID eKYC」により登録した顔データとの照合による顔認証で取り引きを実施する。

 日本IBMはアプリの開発に際し、現在30を超える金融機関が導入している「デジタルサービス・プラットフォーム(DSP)」を、銀行のホストシステムとフロントシステムに連携した。また、DSP上の金融サービス提供で必要となる業務を部品化した「業務マイクロサービス」を活用することで開発スピードを向上させ、「基幹系連携機能」により勘定系システムともシームレスに接続した。

 DSPは、経営レベルの課題解決をIBMとともに促進する包括的なシステムアーキテクチャー。業務マイクロサービス、基幹系連携機能、DSP基盤の3つの要素で構成されている。業務マイクロサービスは認証、諸届、口座照会、振替、資金移動といったサービスを実行するための共通サービス部品で、基幹系システムを意識せずにプラグインの方法で新たな業務を迅速かつ柔軟に開発できる。基幹系連携機能は業務マイクロサービスと基幹系システムを連携させる。DSP基盤は業務マイクロサービスの稼働環境を提供する。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
Dropboxがフィッシング攻撃の被害に–GitHubに保存していたコードの一部が窃取
IT関連
2022-11-03 08:44
「データコラボレーション」が課題解決の鍵に–スノーフレイク・東條社長
IT関連
2023-01-07 11:25
化粧品ECプラットフォームNOINを運営するノインが累計約10億円のシリーズC調達、化粧品業界DXに向けた事業を拡大
IT関連
2022-01-29 19:28
小林製薬、DXを視野に入れたシステム内製化体制を構築
IT関連
2021-07-15 12:30
ランサーズ、ACSiONのオンライン本人認証を導入–なりすまし防止と業務コスト低減へ
IT関連
2021-02-04 23:00
Perforce、"DevOpsのパイオニア"Puppetを買収へ
IT関連
2022-04-15 03:33
「Windows 11」のシステム要件確認ツール、いったん削除–不満受け修正へ
IT関連
2021-06-29 17:43
Publickeyは今月で15周年を迎えます。読者の皆様、スポンサーや広告代理店の皆様、いつもありがとうございます
編集後記
2024-02-02 17:43
次世代のサイバーセキュリティに向けた道筋を明らかに–最新の対策や事例を紹介
IT関連
2022-10-26 01:07
エッジとAI、プライベートなデータの活用に自信–日本に進出する欧州発のGcore
IT関連
2023-09-22 15:40
花王グループ、通勤費/交通費の精算をAIで自動化–約5万5000時間の業務時間を削減
IT関連
2021-07-08 16:38
因幡電機産業、AI型のエンドポイントセキュリティ製品に移行
IT関連
2024-02-22 14:30
集英社、9媒体でクッキーレスの広告サービス導入–ユーザーの感性をAIが推測
IT関連
2022-07-14 22:43
CTC、生成AI活用のセキュリティ分析サービス開発へ–日本MSと連携
IT関連
2023-07-12 04:18