AWS、Redisをフォークした「Valkey」を、同社サービスのElastiCacheとMemoryDBで採用すると明らかに

今回は「AWS、Redisをフォークした「Valkey」を、同社サービスのElastiCacheとMemoryDBで採用すると明らかに」についてご紹介します。

関連ワード (先月、商用利用、採用等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、Publickey様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


Amazon Web Servicesは、同社のマネージドサービスとして提供しているAmazon ElasticCacheとAmazon MemoryDBで、インメモリデータストアのRedisをフォークした「Valkey」を採用すると、同社のブログに投稿した記事「Why AWS Supports Valkey」で明らかにしました。

Why #AWS Supports #Valkey. https://t.co/PMXv0Zv8B4

— Werner Vogels (@Werner) April 5, 2024

Valkeyの採用について、上記のブログの中に次のように記されています。

AWS is committed to supporting open source Valkey for the long term. We are adding Valkey support to our ElastiCache and MemoryDB managed database services, which are built on open source Redis and are compatible with open source Redis versions 7.0 and earlier.

AWSはオープンソースのValkeyを長期的にサポートすることを約束します。私たちは、ElastiCacheとMemoryDBのマネージドデータベースサービスにValkeyサポートを追加します。これは、オープンソースのRedisを元に構築され、オープンソースのRedisバージョン7.0以前と互換性があります。

Redisが商用サービスを制限するライセンス変更を実施

Redisはオープンソースで開発されているインメモリデータストアの代表的な存在でした。先月(2024年3月)、Redis本体のライセンスをクラウドベンダによる商用サービスを制限するものに変更すると発表しました。

参考:Redis、クラウドベンダなどによる商用サービスを制限するライセンス変更を発表。今後はRedis社とのライセンス契約が必須に

これまでのRedisのライセンスは3条項BSDライセンスと呼ばれるオープンソースライセンスの1つでしたが、新しいライセンスはソースコードが公開されるいわゆるものの商用利用などが制限される、いわゆるソースコードアベイラブルなライセンスとなります。

Redisは今回のライセンス変更に至った理由として、AWSを名指しこそしなかったものの、同社やコミュニティが開発し成功させてきたRedisの売り上げの大半が最大手のクラウドベンダによるものだったと説明していました。

このライセンス変更によって、AWSはRedisとライセンス契約をしない限り、今後登場する新バージョンのRedisをマネージドサービスとして提供することができなくなったのです。

RedisをフォークしたValkeyプロジェクトがスタート

Redisのライセンス変更に対して、Redisをフォークした「Valkey」の開発プロジェクトがLinux Foundation傘下で開始されることが発表されました。

このValkeyプロジェクトはAWS、Google Cloud、Oracle、Ericsson、Snap Incがサポートすると発表されていたため、AWSはElastiCacheとMemoryDBでRedisに代わりValkeyを採用するであろうと推測されていました。今回それが正式に発表されたことになります。

AWSの説明によると、4年前にRedisコミュニティがオープンガバナンスモデルに移行したときに、同社からは2人のプロジェクトメンテナーが参加しており、彼らはこのValkeyプロジェクトで貢献を継続させるとのことです。

AWSは2021年にElasticsearchをフォークした過去も

今回と似たようなことは2021年にも起きていました。Elasticsearchが商用サービスを制限するライセンス変更を行ったところ、AWSはElasticsearchをフォークし、オープンソースの「OpenSearch」を発表。Elasticsearchの代わりに同社のサービスに採用しました。

参考:AWS、ElasticsearchとKibanaのフォークによる「OpenSearch」プロジェクトを発表。Elasticとの溝は埋まらないまま

AWSはこの経験から多くのことを学んだとしています。今回のRedisをフォークしたValkeyプロジェクトもその学びを反映しつつ、同じパターンをなぞることになると思われます。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
TikTokが10代に与える悪影響について米国各州の司法長官団が調査を行うと発表
IT関連
2022-03-07 17:15
NTTデータ、農協の「デジタル店舗」向けにノーコード開発基盤を供給
IT関連
2022-08-03 21:15
第1回:日本企業はなぜ「健康経営」に着目するのか
IT関連
2024-04-04 17:53
クラウドの障害を考慮しないIT復旧対策がビジネスリスクに–ガートナー見解
IT関連
2023-09-29 21:56
文章からプログラムを自動生成する「OpenAI Codex」β版APIが公開 「GitHub Copilot」のエンジン
ロボット・AI
2021-08-12 05:07
欧州全域への拡大を目指す英国発の花束ギフトサービスBloom & Wildが約106億円を調達
ネットサービス
2021-02-26 21:44
AIが新商品の配合提案–サッポロビールと日本IBMに聞く、開発の舞台裏
IT関連
2023-02-02 01:00
Touch Barを廃しMagSafeを搭載したM1 MacBook Proが登場する?
-
2021-01-17 16:16
【3月7日】掲載記事アクセスランキング・トップ5―NVIDIA社員のパスワード流出、2位はロシアが米向けロケットエンジン販売禁止
IT関連
2022-03-08 13:01
無駄な会議を避けるには–5人のリーダーに聞く有益な会議参加のヒント
IT関連
2023-07-01 22:12
アップル、「iCloud+」に6TBと12TBのプランを追加
IT関連
2023-09-14 09:15
ガートナーが提示した、日本企業が注目すべき2023年の技術トレンド
IT関連
2022-11-02 13:14
eBay、出品者は日本語で問い合わせ可能に メールでやりとり
企業・業界動向
2021-07-14 09:06
乃村工藝社、契約管理クラウドで月間2000件超の契約書をデジタル化
IT関連
2022-09-23 02:25