セブン−イレブン、商品の加熱業務を自動化するシャープの電子レンジを試験導入

今回は「セブン−イレブン、商品の加熱業務を自動化するシャープの電子レンジを試験導入」についてご紹介します。

関連ワード (マーケティング、流通テック最前線等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 セブン−イレブン・ジャパン(セブン−イレブン)とシャープは2021年11月から、商品ラベルの二次元バーコードを読み取り、適切に加熱できる業務用電子レンジ「RE-7700S」を実店舗で試験的に設置しており、2024年3月末時点で愛知県・三重県・岐阜県のセブン−イレブン1080店に設置している。シャープが4月25日に発表した。

 幅広い年代やさまざまな国籍の従業員が働くセブン−イレブンの店舗では、商品を電子レンジで温める際、正確な加熱時間をより簡単かつ素早く設定したいという要望があったという。また、一部店舗では購買客自身が操作する電子レンジを設置しているが、ボタンの操作が複雑という課題もあった。

 RE-7700Sは、上部に搭載されたカメラで二次元バーコードを読み取り、各商品のバーコードに登録されたワット数や加熱時間を自動で設定し、ドアを閉めると加熱を開始する。同レンジは入力の手間を軽減するとともに、ワット数や加熱時間の入力間違いを防止する。

 同レンジは、食品検知センサーも内蔵している。レンジ内の食品有無を検知し、食品を入れてドアを閉めた後に自動で加熱を開始することで、操作の手間を軽減するほか、スタートボタンの押し忘れを防止し、店舗の業務効率を改善する。両社は今後も導入店舗の拡大に取り組むとしている。

 セブン−イレブンとシャープは試験的な設置に至るまで、さまざまな検証を重ねてきたという。例えば、「二次元バーコードをもっとスムーズに読み取れるようにしてほしい」といった従業員や顧客の意見を参考に、読み取り精度の高いカメラを採用したり、商品に印字するバーコードの位置や大きさを調整したりした。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
アイザワ証券、法人向けセミナー管理システム導入–参加者の情報を一元管理
IT関連
2022-04-12 12:33
CISA、「既知の悪用された脆弱性カタログ」に1週間で75件追加
IT関連
2022-05-31 11:23
dotData、データサイエンス自動化ソフトの最新版をリリース
IT関連
2023-07-15 13:14
5年ぶりの本格的なメジャーバージョンアップ「Jakarta EE 10」正式リリース、クラウドネイティブなど対応
Jakarta EE
2022-10-05 04:07
「Windows 11」、システム要件を満たさないと警告を表示–プレビュー版で
IT関連
2022-03-26 01:55
デジタル時代の組織カルチャーを手に入れるための施策(2)
IT関連
2021-03-17 17:35
葛城ミサトの部屋、「獺祭」の旭酒造が再現 7日から一般公開
くらテク
2021-06-08 03:10
「電気の顔の見える化」目指すみんな電力が11.5億円のシリーズC調達、総調達額約41.5億円に
シェアリングエコノミー
2021-05-08 09:21
NTTデータ、コーポレートロゴの色を刷新
IT関連
2023-05-24 12:40
新たな画像誘導手術システムを開発するZeta Surgicalがステルス状態から脱して約6億円調達
IT関連
2022-03-13 15:35
アマゾン、「AWS for Games」を立ち上げ–ゲーム業界向けサービス
IT関連
2022-03-26 05:56
小さいほうがコストも下がる、小型ロケットに特化した豪スタートアップGilmour Spaceが約50億円調達
宇宙
2021-07-02 22:21
「Fedora」でコマンドラインを使用せずにファイアウォールを管理するには
IT関連
2024-02-09 11:36
法務部門に契約書作成ワークフローのサービスを提供するフランスの「Leeway」
リーガルテック
2021-04-06 23:30