大和総研、ソフトウェア型マイクロセグメンテーションツールを検証

今回は「大和総研、ソフトウェア型マイクロセグメンテーションツールを検証」についてご紹介します。

関連ワード (セキュリティ等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 アカマイ・テクノロジーズは、大和総研がアカマイの「Akamai Guardicore Segmentation」(AGS)の概念実証(PoC)を実施と発表した。その結果、大和総研がAGSを高く評価し、今後オンプレミス環境でどのような通信が発生しているかを可視化していくという。

 AGSは、ソフトウェア型のマイクロセグメンテーション製品。マイクロセグメンテーションは、複雑なネットワーク環境を細分化し、各ネットワークセグメント間のトラフィックの可視化と制御を行うセキュリティ技術を指す。

 同製品は、ネットワークの可視化において、ソフトウェアを活用して、より網羅的なアクセス制御を実現する。エージェントソフトウェアをサーバーやクライアントにインストールし、SaaSで提供される統合管理用のコンソールから一元的に組織全体のネットワークをアクセス制御する。

 大和総研は、セキュリティ対策としてゼロトラストに取り組んでいる。しかしそのための仕組みを構築するにしたがって、アクセス制御の要件が非常に複雑になるなどの課題が浮き彫りになっていた。これに対してはネットワークの可視化が解決策になるが、それに伴うネットワーク管理が複雑になるため、マイクロセグメンテーション技術の活用を模索していた。

 複数のソリューションを比較検討した結果、同社のニーズにマッチするAGSのPoCを実施することになり、その結果、大和総研はAGSについてアクセス制御が簡単なグラフィカルユーザーインタフェース操作で実施できる運用性の高さや、視認性・可読性が高く、ネットワーク全体の実態把握が容易になることを高く評価した。また、きめ細かな要件設定とシンプルな制御を実現する使いやすいラベル機能も評価している。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
株のようにスポーツトレカに投資できるAltが代替資産市場の勢いに乗って33.8億円調達
ネットサービス
2021-03-14 11:56
ワクチン証明書、当初は紙で デジタル化も検討
IT関連
2021-06-20 22:23
第2回:メタバースで広がる経済圏–日本企業の飛躍にも期待
IT関連
2022-02-18 23:17
HPE、サーバーの一元管理とストレージバックアップのサブスクを開始
IT関連
2022-10-26 10:24
倉庫のフォークリフトをロボットで自動化するVecnaが74.5億円調達
IT関連
2022-01-28 18:00
AWS、「Amazon ECS Anywhere」の一般提供開始
IT関連
2021-05-28 16:12
IETFによるHTTP/3の標準化プロセスが完了、「RFC 9114」に
HTTP
2022-06-08 18:23
Appleは蔓延するアプリの評価詐欺を根絶するよう開発者に迫られている
ネットサービス
2021-02-15 18:18
日本のゼロトラスト推進状況は28の国と地域中27位–トレンドマイクロ調査
IT関連
2023-05-11 13:31
Raspberry Pi財団、子ども向けの教育用コードエディターを公開
IT関連
2023-04-12 10:55
iPhone 13 miniのプロトタイプ画像流出?
IT関連
2021-04-22 08:16
日本のセキュリティ人材はアジア最多規模、課題は地位向上–(ISC)2に聞く現状
IT関連
2022-07-23 20:07
マイクロソフト、AIシステムの脆弱性を評価するツール「Counterfit」を公開
IT関連
2021-05-06 15:02
「活用できるデータの種類・量・品質」がビジネス成果獲得の最重要要因–ガートナー調査
IT関連
2021-06-14 02:05