ウィズセキュア、「WithSecure Luminen」ローンチ–生成AI利用でセキュリティ対策を効率化

今回は「ウィズセキュア、「WithSecure Luminen」ローンチ–生成AI利用でセキュリティ対策を効率化」についてご紹介します。

関連ワード (セキュリティ等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 フィンランドを拠点とするWithSecureの日本法人ウィズセキュアは5月24日、生成AIをベースとしたツール「WithSecure Luminen」のローンチを発表した。セキュリティチームの人的リソース不足という課題を抱える企業・団体にサイバーセキュリティにおける効率的な改善を提供する。

 Luminenは、大規模言語モデル(LLM)機能を活用することで、ITセキュリティチームが人的リソースに制約のある環境でも作業負荷を管理できるようにし、生産性の向上を促進する正確で実用的な対策を推奨する。Luminenが搭載する高度なアルゴリズムは、セキュリティインシデントの詳細な分析、アクションの自動化、状況に即した深いインサイトを提供する。

 これにより、セキュリティ管理者の負担を軽減し、セキュリティの専門家でなくても複雑なサイバーセキュリティの状況に自信を持って適切な対策を講じられるようにナビゲートするとウィズセキュアは説明する。

 Luminenは追加費用なしで「WithSecure Elements Cloud」プラットフォームで利用できる。

 Luminenの主なメリットとしては、(1)限られたリソースでの効率の最大化、(2)高品質と比類なきユーザビリティー、(3)プライバシー規制への妥協なき準拠ーーがある。

 (1)において、Luminenの生成AI機能は、ITセキュリティチームが防御する際の生産性を大幅に向上させ、企業・団体がサイバー脅威から自らをより効果的に防衛することを可能にする。

 (2)では、処理済みのデータと事前定義済み/テスト済みのプロンプトオプションを使用することで、不適切なプロンプトによる誤った対策の推奨というリスクを低減する。こうした構造化されたアプローチにより、延々と続くチャットのようなインターフェースが不要になり、Luminenの機能を理解しやすくする。また、WithSecure Elements Cloudに既にある製品に完全に組み込まれることを可能にする。これにより、人間がサイバーセキュリティにおいて優れた能力を得るためのハードルを下げることができるという。

 (3)において、WithSecureは欧州を代表するサイバーセキュリティ企業として、世界で最も厳しいプライバシー基準を順守する。LuminenはLLMのモデルにとらわれず、ユーザープロンプトからのデータを使用せずに継続的に改善される実証済みの基礎モデルを利用している。生成AIモデルは各ユーザー組織専用のものであり、組織間でのデータエクスポージャーのリスクを排除するという。

 WithSecureは、AIの責任ある使用に取り組んでおり、エネルギー消費や環境への影響を最小限に抑えると同時に、高品質の基準と厳格なプライバシープロトコルを維持していると同社は強調する。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
Instagramがハラスメントに対処する新しいツール「Limits」のテストをしていることを認める
ネットサービス
2021-07-26 19:41
DX推進の“自分事化”を目指す–三井不動産、全社員対象のDX研修「DxU」
IT関連
2022-05-03 01:14
2022年下期のランサムウェアの脅威と対策の傾向
IT関連
2022-12-30 02:55
第60回:ひとり情シスのパートナー探しは100社とのコンタクトから
IT関連
2022-11-02 06:44
パスワード管理「1Password」レビュー–さまざまなプラットフォームで効果的に機能
IT関連
2022-03-13 23:22
日立とヴィーム、基幹システムのクラウド移行移動サービスを開始
IT関連
2021-05-31 04:31
日本企業のコンタクトセンター、AI導入率が約50%に–成果創出には苦戦
IT関連
2023-08-11 05:47
TwitterのCEOが約3億円でサービス初ツイートを売ったツイートNFTマーケットプレイス「Valuables」とは
ブロックチェーン
2021-03-24 15:03
ランサムウェアの身代金支払いが減少–しかし楽観は禁物
IT関連
2023-01-28 07:37
清掃ロボットがエレベーターを自動乗降–JR西日本が大阪で実証試験
IT関連
2022-06-02 17:40
「iOS 17」にひっそりと搭載された5つの機能
IT関連
2023-06-25 06:14
月額2万4800円で都内300部屋が使い放題、テレスペが多拠点セカンドハウスサービスを先着1000名に提供
シェアリングエコノミー
2021-06-10 19:17
「Docker Desktop」のLinux版が登場
IT関連
2022-05-15 18:47
企業の生成AI採用率、2026年は80%以上に–ガートナー
IT関連
2023-10-13 12:32