データ活用で全社的に十分な成果を得ている日本企業は2.2%–ガートナー調査

今回は「データ活用で全社的に十分な成果を得ている日本企業は2.2%–ガートナー調査」についてご紹介します。

関連ワード (ビッグデータ等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 ガートナージャパンは10月6日、日本企業のデータ活用に関する調査結果を発表した。これによると、日本企業のほとんどがデータ活用で全社的な成果を得るまで至っていないことが明らかになった。

 自社のデータ活用で得ている成果に対する評価を聞いたところ、「全社的に十分な成果を得ている」との回答は2.2%にとどまり、ほとんどの企業では全社的な成果を得るまで至っていないことが明らかになった。一方で、自社の一部も含めて「ある程度」の成果を得ていると回答した割合は、合わせて78.8%だった。

 調査は2022年7月に実施された。回答者自身のデータ活用に対する取り組み姿勢と所属する組織自社の取り組み姿勢については、自身が「非常に積極的」であるとした回答者が19.0%だったのに対し、自社が「非常に積極的」とした回答者は8.3%だった。

 また自身のデータ活用の取り組みに対して、積極的あるいは消極的と評価する理由について複数回答で聞いたところ、積極的な理由の上位3項目には、「データが意思決定に役立つ」(71.7%)、「ビジネス状況を把握できる」(68.6%)、「関係者への説得力が向上する」(65.9%)が挙げられた。一方、消極的な理由の上位3項目は、「必要なデータが手に入らない」(60.6%)、「スキルが不足している」(54.5%)、「周囲が消極的」(36.4%)だった。

 調査では、データ活用に関する自社の従業員教育や資格制度の状況についても聞いている。その結果、半数強の組織が何かしらの教育環境や制度を持っていたが、「教育や資格制度、手当はない」を選択した組織が43.6%で最多だった。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
Chatwork、予実管理を支援する「DIGGLE」を導入–全社的な予実意識の醸成を図る
IT関連
2022-08-19 16:40
I-PEX、SAP ERPからS/4HANA Cloudなどへの移行を決定
IT関連
2021-03-10 15:28
原因不明でテストが失敗する「フレイキーテスト」問題/GitHubの使い方を学ぶ「GitHub Skills」/パスワードレスの時代にパスワードマネージャの存在意義、ほか。2022年6月の人気記事
編集後記
2022-07-01 23:20
仲間とコンテンツや時間を共有するオンラインのたまり場を作り出す音声SNS「パラレル」
ネットサービス
2021-03-20 00:15
ソフトバンクが「ショートタイムワーク」を展開–障がい者らの就労を後押し
IT関連
2022-08-26 04:59
ビットコインを筆頭に暗号資産市場が急降下
ブロックチェーン
2021-04-25 04:44
ブラウザの拡張機能で商品購入時のカーボンオフセットを提案するEcoCartが約3.3億円調達
EnviroTech
2021-04-14 05:20
ビックカメラ、希望者全員への職域接種を完了 社員や取引先など約1万7500人
企業・業界動向
2021-08-14 14:18
自動車用シミュレーションプラットフォームのMoraiがグローバル展開のために24億円のシリーズBをクローズ
IT関連
2022-02-09 09:42
米国政府はドル支配を維持するためにステーブルコインを受け入れなければならない
IT関連
2022-03-01 20:55
COCOA元請けのパーソルP&Tが1200万円自主返納 対応に疑問の声も
ネットトピック
2021-04-20 23:20
規約管理をワンストップで–リクルートと弁護士ドットコムが「termhub」で目指すもの
IT関連
2022-08-19 21:28
凸版印刷、社内運動会をeスポーツに 新型コロナ対策で
最近の注目ニュース
2021-01-26 18:31
敷島製パン、既存/人気商品の動画制作で販促力を強化
IT関連
2022-06-26 06:39