ラック、企業の生成AI活用を支援する新サービス–社内データを外部送信しないプライベート環境を構築

今回は「ラック、企業の生成AI活用を支援する新サービス–社内データを外部送信しないプライベート環境を構築」についてご紹介します。

関連ワード (セキュリティ等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 ラックは12月12日、企業が生成AI技術を安全に活用できる新サービス「生成AI 社内活用導入支援サービス」の提供を開始した。組織内のデータを外部に送信しないため、情報漏えいなどにつながるセキュリティリスクを対策した上で、生成AIの活用を最大化する。

 OpenAIが提供する「ChatGPT」をはじめとする生成AIは、インターネット上の膨大な情報を学習させることにより、ユーザーが要求する内容を満たしながら、人が書いたような自然な文章を提供することで注目を集めている。また、文書の要約や顧客へのメールの文案作成、データ分析などさまざまな業務に生成AIを活用することで、業務を効率化できると期待されている。

 一方で、生成AIはユーザーが入力した情報をインターネット経由でサービス提供者に送るため、それが新たな学習データになってしまうなどセキュリティ面の課題が指摘されている。また、顧客情報や取引データなどの重要な情報を生成AIサービスに誤って入力することで、結果として不特定多数の生成AIユーザー向けに提供される文章に、自社の機密情報が表示されてしまうリスクもある。

 同社は今回、そうしたリスクを解消した上で、生成AIの優位性を最大限に生かすためのサービスを提供する。具体的には、Microsoftの「Azure OpenAI Service」を用いて組織内のプライベート環境でのみChatGPTを活用できるセキュアな情報分析プラットフォームの導入を支援する。

 同サービスにより、社員が膨大なデータを活用して企画を提案するなど、さまざまな業務に生成AIを活用できるようになる。社内に蓄積したデータを活用し、分析結果として文章を生成することで、サービス品質の向上や新サービスの開発なども期待される。社内のデータはプライベート環境にとどまるため、生成AIの懸念であるセキュリティ面の課題も解決する。

 なお、横浜銀行と東日本銀行は11月27日、従業員専用の情報分析プラットフォーム「行内ChatGPT」を発表している。ラックでは、生成AI 社内活用導入支援サービスの提供を通じて、プラットフォームの構築を支援したという。一般的なChatGPTの機能に加え、各種規程やマニュアルなど行内情報の照会に対応できる機能を備えており、両行は新サービスの開発や既存サービスの品質向上を進めているとしている。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
「Windows 365 Cloud PC」正式発表/IT系上場企業の平均年収を業種別にみてみた/フリーのITエンジニアやWebデザイナーも労災保険へ加入可能に。2021年7月の人気記事
編集後記
2021-08-06 15:27
「倫理的なソース」運動の活動家が立ち上げた新たなオープンソース組織をどう見るか
IT関連
2021-01-27 07:28
アプリ多言語化ソリューション「WOVN.app」、プッシュ通知の多言語化機能を提供へ
IT関連
2023-08-02 01:29
NSSOL、北海道電力・HOTnetの5Gを見据えた自営無線網の適用検証を支援
IT関連
2021-01-22 06:52
ソニーの新しいXRヘッドセットを体験–米ZDNET記者の第一印象
IT関連
2024-01-21 20:14
HashiCorp、「Terraform 1.6」を一般提供–新しいテストフレームワークなどを搭載
IT関連
2023-10-07 18:15
フォルクスワーゲン金融子会社、「Exadata Cloud@Customer」を導入
IT関連
2023-05-04 21:18
Pythonがグローバルインタプリタロックの解消へ、マルチスレッド処理の高速化実現
Python
2023-08-03 15:10
自治体での「学習eポータル」導入率、前年比50%増–NEC調査
IT関連
2023-06-28 18:23
イーサリアムよりはるかに高速だと主張するトップ暗号資産投資家たちに人気のブロックチェーンプラットフォーム「Solana」
ブロックチェーン
2021-05-17 14:33
なぜ、サブスクか?–「モノを買って与えたら終わり」ではないということ
IT関連
2021-03-03 00:28
ガートナー、「日本におけるコネクテッド・インダストリ・テクノロジのハイプ・サイクル:2023年」を発表
IT関連
2023-10-06 05:39
エンジニア採用育成支援サービス「TechTrain」を提供するTechBowlが1.3億円のプレシリーズA調達
IT関連
2022-01-28 16:41
機械学習で事業価値を実際に引き出すには
IT関連
2023-01-20 18:54