ウイングアーク、サプライチェーンのCO2排出量を可視化する基盤サービス

今回は「ウイングアーク、サプライチェーンのCO2排出量を可視化する基盤サービス」についてご紹介します。

関連ワード (ビッグデータ等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 ウイングアーク1stは5月31日、二酸化炭素(CO2)の排出量を可視化するプラットフォーム「EcoNiPass」の提供を開始すると発表した。

 EcoNiPassは、温室効果ガスの排出を実質ゼロにするカーボンニュートラルの推進に取り組む企業と、そのサプライヤーのCO2排出量をクラウドサービス上で自動的に集計し可視化し、サプライチェーン(供給網)におけるCO2排出量の現状把握と削減施策の検討を支援するプラットフォームサービス。ウイングアーク1stと鈴与商事が共同開発した。

 2050年までにカーボンニュートラルを実現すべく、企業を中心に世界的な取り組みが加速している。国内においても、企業単体だけでなく、サプライチェーン全体でCO2排出量を削減する動きが活発になっている。一方で、企業によっては現在のCO2排出量の把握が進まず、サプライチェーン全体での把握においては、どのように排出量を取りまとめるかが課題となっているという。

 EcoNiPassは、企業とサプライヤーがともに利用することで、自社のCO2排出量にサプライヤー各社のCO2排出量を自動的に連携し、報告と集計の業務負荷を低減する。初期費用は不要で、利用料は年間契約で月額4800円相当、連携対象となるサプライヤーは報告機能と自社CO2排出量の可視化を月額1500円相当で利用できる。

 温室効果ガスプロトコルイニシアチブ(GHG プロトコル)をベースとしたScope別やエネルギー種別、企業・事業所別でCO2排出量の表示が可能。月次トレンドや原単位での表示により削減活動の進行管理に活用することもできる。

 今後は、サプライチェーンCO2排出量の把握機能に続き、製品1個当たりのCO2排出量の可視化やサプライヤーからのデータ連携機能、製造ラインに設置した計測機器からのデータ連携機能の開発を進めていくとしている。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
次世代地球観測プラットフォーム「AxelGlobe」構築目指すアクセルスペースが約25.8億円のシリーズC調達
宇宙
2021-05-15 05:29
愛犬家のためのD2Cブランド「WON」が高級おやつの試食セット「ワンソナライズ・キット」を販売開始
フードテック
2021-08-12 04:43
あの恐竜骨格を360度見回せる 科博のティラノサウルスなど9体のVRモデル公開
IT関連
2021-01-20 09:14
ユーザー10万人のアジャイルミーティングソフトウェアParabolが約8.7億円を調達
ソフトウェア
2021-05-04 04:38
ヤマハがボーカロイド技術・自動作曲技術活用の歌って会話する歌ロボ「Charlie」を5月13日発売
ロボティクス
2021-03-27 18:34
フェイスブックがバグ懸賞プログラムに「支払い遅延ボーナス」を追加
セキュリティ
2021-07-15 20:20
岐阜県と慶應大、マイクロソフトがIT教育で産学官連携を始動
IT関連
2021-06-12 16:09
ハイレゾ配信「Amazon Music HD」日本でも追加料金不要に
社会とIT
2021-06-10 19:55
ウォルマートが25の配送センターにSymboticのロボットを導入
ロボティクス
2021-07-16 10:45
ハッカーのビジネスモデル、サービスとしてのランサムウェア
IT関連
2021-08-16 21:28
資生堂が顔形状3次元データから表情を解析するアプリを開発、「S/PARK Studio美活ジム」で活用
ソフトウェア
2021-07-21 12:36
庵野秀明と松本人志の初対談、アマプラで配信 初対面で「どうなるんでしょうね」「すぐに滞ると……」
くらテク
2021-08-21 17:14
グーグルとインドのJio、低価格スマートフォン発表–Google Cloudと5G提携も
IT関連
2021-06-28 14:29
VRでドローン操縦を学べるコース、ドローンスクールが提供 「地理的制約の解消に」
企業・業界動向
2021-06-30 14:31