ダークウェブでだまし合うサイバー犯罪者–被害額は1年で3億4000万円超

今回は「ダークウェブでだまし合うサイバー犯罪者–被害額は1年で3億4000万円超」についてご紹介します。

関連ワード (セキュリティ等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 サイバー犯罪者も、ダークウェブのフォーラムでほかの犯罪者の被害に遭い、何百万ドルの損失を被っている。そうした犯罪者が公の場で不満を訴えているため、地下経済の秘密を明らかにする手がかりを得られるかもしれない。オンライン詐欺師は毎年、消費者や企業に何十億ドルもの損害をもたらしているが、サイバー犯罪者自身も詐欺の被害に遭っているようだ。

 Sophosのサイバーセキュリティ研究者が闇市場を分析したところ、サイバー犯罪者は過去12カ月間にダークウェブのほかの詐欺師に少なくとも250万ドル(約3億4000万円)をだまし取られている。それは、3つの主要なサイバー犯罪フォーラムを基にした数値のため、実際の被害総額はもっと大きいはずだ。

 サイバー犯罪者にとって、ほかの犯罪者をだますのが魅力的なのは、警察が関与するリスクが極めて低いからだ。一部のダークウェブフォーラムは、詐欺の訴えがあった場合、モデレーターが仲裁プロセスを提供することがあるが、こうしたサイバー犯罪者のためのアンダーグラウンドフォーラムは、その匿名性ゆえに、詐欺師にとって最悪のケースでも、フォーラムへの出入りを禁じられるくらいだ。

 しかしこれは、単にオンライン詐欺師やその他のサイバー犯罪者の不幸を喜ぶ機会ではない。サイバー犯罪者の活動について洞察を得て、展開されている攻撃方法やその防御手段について、情報を提供できるまたとないチャンスだ。

 また、悪巧みの背後にいる犯罪者を特定できるかもしれない。サイバー犯罪者は慎重に身元を隠しているが、仲裁プロセスの一環として提出される情報を手がかりに、その正体を最終的に突き止められる可能性がある。

 「フォーラムの規則では、詐欺の申し立てを裏付ける証拠を提出することになっている。そのため、被害に遭った脅威アクターは、プライベートなやり取りやソースコードのスクリーンショット、識別子、取引、チャット履歴、そして交渉、販売、トラブルシューティングなどに関する詳細な情報を、喜んで投稿することが往々にしてある」と、Sophosの上級脅威研究者のMatt Wixey氏は説明する。

 「こうした隠れた地下経済は、単なる好奇心の対象ではない。フォーラムのカルチャー、脅威アクターの売買方法、戦術的および戦略的な優先順位、ライバルと味方、だまされやすさ、そして詐欺師に関する具体的な個別の情報について、洞察を与えるものだ」(同氏)

 詐欺の多くは、買い手が商品を受け取った後に代金を支払わなかったり、売り手が代金を受け取ったものの商品を届けなかったり、宣伝通りに機能しなかったりなど、「rip-and-run」と呼ばれる手口を使っている。

 場合によっては、広告通りのアプリケーションやサービスを提供し、それを用いて、買い手にマルウェアを送り込み、情報やお金を盗み出すこともある。

 「rip-and-run」と呼ばれるのは、被害者からだまし取った(rip off)後、送られてくるメッセージや苦情は無視したり、フォーラムから姿を消したりして、逃げる(run away)からだ。

 その一方で、綿密な計画を立て、長期的な詐欺を行うサイバー犯罪者も存在する。例えば、偽の犯罪マーケットプレイスを19も立ち上げ、参加するための「アクティベーション料金」として、各ユーザーから100ドル(約1万4000円)だまし取ったケースもある。

 また、他のユーザーに恨みがあったり、自分が詐欺に遭ったと思ったりして、その腹いせに詐欺をはたらく者もいる。

 これらの争いが仲裁に持ち込まれると、当事者すべてが警告を受けるか、フォーラムから追放されるのが一般的だ。あるフォーラムでは、ほかの詐欺師に対する見せしめ効果を期待して、禁止令のほか、クレームと一緒に提出された個人情報まで公開しているようだ。

 「教訓があるとすれば、絶対に安全なユーザーなどいないということだ。犯罪者向けフォーラムで行われる取引には、本質的に詐欺のリスクがつきものだ。予防的対策(中略)と事後対策(仲裁の場)が設けられているが、私たちが集めたデータから判断すると、詐欺は頻繁に起こっているだけでなく、しばしば成功しているようだ」(Wixey氏)

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
freeeとワークスモバイルジャパンが協業–「チャットで勤怠(freee勤怠管理)」提供
IT関連
2023-07-22 22:31
マイクロソフト「Azure Boost」発表。AWS Nitroのように専用SoCへ仮想化処理などをオフロード、より高性能なクラウド基盤提供へ
Microsoft
2023-07-24 04:19
ウクライナ政府が創設、有志が集う「IT軍」–かつてない局面に新たな問題も
IT関連
2022-03-05 04:41
サイエンス・テクロノジー領域で国内最大規模、東京大学エッジキャピタルパートナーズが300億円超の5号ファンド組成
VC / エンジェル
2021-05-18 05:00
アトラシアンが自然言語理解のための独自のAIエンジンを開発するPercept.AIを買収
IT関連
2022-01-29 05:16
NewSQLは金融システムのミッションクリティカルで高セキュリティな要件に応えられるか? TISが評価結果を明らかに[PR]
PR
2022-12-14 03:27
中小企業にHRプラットフォームを提供する独Personioが約130億円調達
HRテック
2021-01-20 23:01
沈黙の巨人、「写研」が動いた “愛のあるユニークで豊かな書体”がわれらの手に届くまでの100年を考える (1/3)
イラスト・デザイン
2021-01-22 02:07
NasdaqのAWS移行、鍵を握る「Outposts」とは?
IT関連
2023-01-11 08:41
グーグル初の常設店舗がニューヨークに現地時間6月17日オープン
ハードウェア
2021-06-18 01:50
Rust製ブラウザエンジンの「Servo」がElectron代替を目指す「Tauri」への組み込みに対応、プロトタイプとして実装
HTML/CSS
2024-01-22 18:25
Amazonが日本に配送拠点を新設、東京や千葉など5カ所に
企業・業界動向
2021-07-13 01:49
AWS、「CodeGuru Reviewer」のPython対応を一般提供
IT関連
2021-04-09 01:23
大成建設、クラウド上のシステムとレガシーシステムのAPI連携を内製
IT関連
2023-05-25 02:10