「ChatGPT Enterprise」と「ChatGPT Team」、自社に適しているのはどっち?

今回は「「ChatGPT Enterprise」と「ChatGPT Team」、自社に適しているのはどっち?」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 「ChatGPT」の標準版は、コーディングや文章作成、複雑な話題の解説といったタスクをとても上手にこなすという点で既に実績があると言ってよいだろう。

 このため、企業がChatGPTを自社のユースケースで活用し、業務を最適化していきたいと考えるのも無理のない話だ。これを受け、開発元のOpenAIは企業向けに2つのプランを提供するようになった。それが「ChatGPT Enterprise」と「ChatGPT Team」だ。

 まず、ChatGPTが初めて登場してから9カ月後となる2023年8月にChatGPT Enterpriseが登場した。このプランは、大企業レベルの強固なセキュリティ能力と、業務向けのユースケースを念頭に置いて用意された追加機能を提供するものだ。

 そして2024年1月、OpenAIは同様のセキュリティプロトコルを搭載しつつ、少し色合いの異なるプランを追加した。以下では、ChatGPT EnterpriseとChatGPT Teamのいずれのプランが自社のニーズに合致しているのかを判断する上での一助として、これら2つのプランの違いについて解説する。

 これらのプランを分ける最大の違いは、ChatGPT Enterpriseがより規模の大きな配備を想定しており、最低でも150人での利用を規定しているところにある。つまり、ChatGPT Enterpriseの利点を享受するには少なくとも従業員が150人以上いる必要があり、この条件に満たない企業やチームは利用の対象外となる。

 ただ、自社のチームが150人に満たない場合でも、心配する必要はない。OpenAIが最近になって提供を開始したChatGPT Teamというプランの最小ユーザー数はわずか2人だ。登録は容易で、料金は年間契約の場合、1ユーザーあたり月額25ドル(約3700円)となっている。

 ChatGPT Enterpriseを使えば、最新の機能/モデルを最高のモデル品質で利用できる。ただChatGPT Teamでも、「GPT-4 with Vision」や、音声の入出力能力、GPTの作成/共有能力、画像生成能力、ブラウジング能力といった先進機能は利用できる。

 とは言うものの、ChatGPT Enterpriseの場合、ユーザーは「Advanced Data Analysis」(高性能データ分析)への無制限のアクセスや、全モデル中で最高の応答速度、ChatGPT Teamの4倍のサイズを有するコンテキストウィンドウを手にできる。またこのプランを選択したユーザーには、優先サポートや、専用のオンボーディング支援、継続的アカウント管理、カスタムセキュリティレビューといった、最も手厚いカスタマーサービスが提供される。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
NEC森田社長は2023年に向けて「最も改善したい点」について何を語ったか
IT関連
2022-12-10 13:55
「LastPass」を代替するパスワードマネージャー–検討する価値のあるサービス6選
IT関連
2022-04-24 03:19
オープンソースへの貢献をメンターがサポートしてくれる「Google Summer of Code」、18歳以上なら誰でも参加可能に
Google
2022-03-10 20:11
社員アンケート不要で従業員コンディションを把握可能なHRサービス「Well」が「wellday」へとブランド名変更
HRテック
2021-05-13 11:43
Cloudflare、CDNエッジで稼働するSQLiteベースのRDB「Cloudflare D1」発表。ユーザーの近接CDNエッジに自動でレプリカを分散配置、高速アクセスを実現
Cloudflare
2022-05-12 01:42
「Everything as a Service」を実現したHPEに待ち受ける試練とは
IT関連
2022-08-20 11:47
ローコード開発を全社的なソフト開発戦略にどう組み込みべきか
IT関連
2021-02-20 15:51
「iPhone」でブラウザーのキャッシュをクリアするには–動作が遅いと感じたら
IT関連
2022-05-29 23:50
Google、揺れやミスのある住所表記を検証、正確な住所の推定、標準的な住所表記などを出力する「Address Validation API」正式リリース。米国や欧州などから順次展開
Google
2022-11-11 02:21
ビジネスリーダーに聞く、良い人脈を築くための5つのヒント
IT関連
2024-04-02 05:54
Apple製品を使う企業のセキュリティ対処は不十分–Jamfの年次報告書
IT関連
2024-04-18 07:38
荒れ馬「日経平均」を乗りこなす積立投資術–荒れるほど投資効果が高まる?
IT関連
2021-07-21 09:34
平井大臣「ワクチン予約システムを全国共通化する可能性ある」
クラウドユーザー
2021-05-12 05:18
GMの自動運転車技術子会社Cruiseが商業化に向けデルタ航空元幹部を採用
モビリティ
2021-01-12 12:41