スタディプラス、教育機関向けコミュニケーション基盤と他社教材の学習記録を連携

今回は「スタディプラス、教育機関向けコミュニケーション基盤と他社教材の学習記録を連携」についてご紹介します。

関連ワード (「GIGAスクール構想」で進化する教育現場、CIO/経営等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 スタディプラスは、同社の教育機関向けコミュニケーションプラットフォーム「Studyplus for School」と、教育開発出版が提供する「Myeトレ」、オンライン英会話「KYO-KAI OnE」の学習記録を自動連携すると発表した。スタディプラスの独自規格である学習記録連携API「Studyplus for School SYNC」を通じて連携する。8月からの連携開始を予定している。

 Studyplus for Schoolは、学習記録を通じて時間・場所を問わず生徒とつながり、生徒の成績向上と教室の経営改善を支援するコミュニケーションプラットフォーム。生徒の学校や志望校ごとに異なる、紙教材・デジタル教材のあらゆる学習記録を一元化・可視化する。これにより学習指導を効率化し、人手不足が深刻化する学習塾の運営を支援する。学習記録に加えて、出席記録、入室記録、成績記録、面談記録など、学習塾経営に必要なあらゆる情報を集約できるという。

 Myeトレは、120万題のコンテンツを基に基礎知識を形成し、思考力まで導くことを図る教材。生徒の自律的な学習をサポートしながら、個別最適化された学習を提供する。KYO-KAI OnEは新学習指導要領の文法シラバスに沿った英語教材を使用しながら、ネイティブ講師とマンツーマンで行うオンライン英会話レッスンのサービス。

 今後、学習塾でStudyplus for School上でMyeトレ、KYO-KAI OnEを活用すると、生徒はMyeトレやKYO-KAI OnE、そのほかさまざまな教材における自身の学習進捗(しんちょく)を網羅的に振り返られる。講師は、これまで複数のツールや紙で管理していた生徒一人一人やクラスごとの学習量をStudyplus for Schoolで一括管理できる。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
AIで山火事から人や家を救いたい–カリフォルニア州で進む取り組み
IT関連
2023-03-31 04:31
AIによる不正な画像改変を抑止する技術「PhotoGuard」、MITが考案
IT関連
2023-07-28 16:29
その流行を裏づける仮想市場の投資家向け金融サービス「BlockFi」が381億円調達、評価額は3300億円
ブロックチェーン
2021-03-29 18:23
現場作業員にスマートモバイルアシスタントアプリを提供するYoureka Labsが約9.3億円調達
ソフトウェア
2021-08-17 09:09
「Web3」が実現する新しい成長と分配–中核技術はブロックチェーン
IT関連
2022-05-31 20:25
マテリアルデザインを簡潔に記述できる「Jetpack Compose」がバージョン1.0に到達、本番環境で安心して利用可能に
Android
2021-08-04 01:13
NTTドコモ、IPv6シングルスタック導入に向け開発者に試験環境を提供
IT関連
2021-06-30 08:08
マイクロソフト、新たに2つの「Copilot」を発表–顧客サービスやセールス業務をAIが支援
IT関連
2023-11-17 12:06
稼げるセキュリティ資格–必ず押さえておきたい「代表的な3つの資格」
IT関連
2023-10-17 03:30
「Googleドライブ」、一部ユーザーの半年分のファイルが消失–原因は調査中
IT関連
2023-11-29 16:14
DNPや日本ユニシスら、オンライン授業を一元管理するサービス提供
IT関連
2021-07-05 01:08
DXはクラウドへの移行ではなくクラウドで変革すること–SAP首脳に聞く戦略
IT関連
2022-09-29 22:44
auの新料金「povo」は3月23日提供 ahamoに追従し「家族割プラス」も仕様変更
企業・業界動向
2021-02-26 14:05
データの外販や協業など「データ流通」が本格化–PwCが示すデータマネタイゼーションの実態と今後
IT関連
2023-03-16 00:34