住友生命、「Vitality」のデータ分析環境を「Snowflake」で構築

今回は「住友生命、「Vitality」のデータ分析環境を「Snowflake」で構築」についてご紹介します。

関連ワード (ビッグデータ等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 住友生命保険は、健康増進型保険「Vitality」のデータ分析基盤として「Snowflake」を採用した。Snowflakeが4月23日に発表した。

 Vitalityの加入者数は現在129万人を超える。パートナー企業と提携し、会員が健康増進に取り組むためのさまざまな特典を提供している。住友生命は、人々の豊かなウェルビーイングを支える「WaaS(Well-being as a Service)」を構想として掲げ、Vitalityはその中核に位置付けられている。

 住友生命では、Vitalityの会員のデータを分析していたが、既存システムでは一部のケースで円滑にデータ分析が進まないという課題があった。特に129万人以上の会員IDと、日々蓄積される運動履歴などの会員データはサイズも大きく、データ結合時に時間とコストがかかっていた。

 これらの課題を解決するために、住友生命は大量のデータを高速かつ効率的に処理できるSnowflakeのデータクラウドを保守運用面やセキュリティ観点を考慮して採用した。結果として、Snowflakeのトランザクション管理とデータのパーティション化により、これまで数十分を要していたファイルの結合を数分に短縮することができた。

 さらに、使った分だけ費用が発生するコンサンプションモデルになったことで、年間で約50%のコストダウンが可能になる見込みだ。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
国立情報学研究所 喜連川所長が懸念する「スマートシティーでのデータの“お作法”」
IT関連
2021-01-29 18:36
AWS、わざとクラウド障害を起こす新サービス「AWS Fault Injection Simulator」提供開始。カオスエンジニアリングをマネージドサービスで
AWS
2021-03-17 00:12
2024年のサイバーセキュリティ予測–AI、クラウド、CISOの変化など
IT関連
2024-01-06 16:18
「Android」でバッテリーを大量消費しているアプリを見つけるには
IT関連
2022-08-14 18:28
南紀白浜空港でHoloLens 2利用のスマートメンテナンスや複数ロボットの協調制御による来訪者案内などローカル5G活用実証
IT関連
2022-03-16 13:20
生成AI、人間の仕事を奪う以上に増やす可能性も–米国の大学教授が指摘
IT関連
2024-05-28 22:52
Clubhouseが同社初となるクリエイター用収益化機能をテスト開始
ネットサービス
2021-04-07 02:28
「エクスペリエンスマネジメント」はミッションクリティカルになったか
IT関連
2023-03-04 05:53
Microsoft Azureも他社クラウドなどへの移行時のデータ転送料を無料にすると発表。Google Cloud、AWSに続き
Microsoft
2024-03-19 11:57
「nanaco」と「WAON」が年内にApple Pay対応 サービス詳細や開始日は未定
企業・業界動向
2021-08-11 04:08
Xamarinのサポートは2024年5月1日で終了。マイクロソフトが.NET MAUI関連のロードマップを示す
.NET
2022-08-25 18:01
JR東日本、請求書発行の自動化に「BtoBプラットフォーム 請求書」を採用
IT関連
2024-04-13 19:13
ITインフラはシンプルに、ITとOTも融合–シスコのネットワーク幹部が語る方向性
IT関連
2023-04-13 13:15
MicrosoftがBuildで発表した「見える生成AI」への注力
IT関連
2024-06-11 08:20