「Fedora」でコマンドラインを使用せずにファイアウォールを管理するには

今回は「「Fedora」でコマンドラインを使用せずにファイアウォールを管理するには」についてご紹介します。

関連ワード (Linuxノウハウ、特集・解説等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 この数年間で、「Fedora Linux」ディストリビューションに対する筆者の考えが変わった。筆者は長年、Fedoraについて、「Linux」のことを知り尽くしているユーザー向けのOSだとみなしていた。しかし、Fedoraチームの懸命な取り組みのおかげで、現在のFedoraはユーザーフレンドリーになっている。筆者の印象が変わったのは、そのためだ。

 ただし、新しいLinuxユーザーが苦労しそうなことが1つある。それは、ファイアウォールの管理だ。確かに、Fedoraの「firewalld」コマンドラインツールはそれほど使いにくいわけではないが、Linuxユーザーにコマンドラインの使用を強いるべきではない。サイバーセキュリティが極めて重要になっていることを考えると、Linuxを利用している場合でも、コンピューター上のファイアウォールを無視しないことが大事である。

 それでは、ファイアウォールはどのような役割を果たすのだろうか。基本的に、ファイアウォールはポートやサービスへのアクセスをブロックすることで、望ましくない攻撃からユーザーを保護する。それに加えて、望ましくないトラフィックがコンピューターから出て行くのを阻止することもできる。後者の機能は、自分のコンピューターがウイルスに侵害されてしまい、そのウイルスが感染したパケットを送信して、ほかのコンピューターに感染しようとした場合に、重要な役割を果たすかもしれない。

 ファイアウォールを有効にすると、ユーザーは内向きと外向きのトラフィックについて、どれを許可し、どれを許可しないのかを定義できるようになる。ファイアウォールにアプローチする最善の方法は、内向きと外向きのトラフィックをすべて拒否した後、特定のトラフィックのみを許可することだ。例えば、内向きと外向きのすべてのトラフィックをブロックした後、内向きのウェブトラフィックだけを許可することも可能である(ウェブサーバーを運用している場合)。あるいは、セキュアシェル(SSH)トラフィックを許可したり、アクセス権を付与するIPアドレスを指定したりこともできる。

 幸い、便利なGUIアプリケーションをインストールすることが可能なので、Fedoraのファイアウォールを管理するために、コマンドラインにアクセスする必要はない。

 手順の説明に移る前に、言っておきたいことがある。このGUIを初めて見る人は、圧倒されてしまうかもしれない。しかし、基本を理解すれば、自信を持ってファイアウォールを管理できるようになるはずだ。それでは、実際の手順を見ていこう。

 必要なもの:このタスクに必要なのは、実行中のFedora Linuxインスタンス、sudo権限を持つユーザー、ネットワーク接続の3つだけだ。

 最初に、GNOME Softwareを開く(デフォルトのデスクトップ環境でFedoraを実行しているという前提で説明を進める)。アプリが開いたら、「firewall」を検索する。「Firewall」というシンプルな名前の項目が表示されるはずだ。「Install(インストール)」をクリックした後、プロンプトが表示されたら、sudoパスワードを入力する。

 GUIがインストールされたので、「Application Overview(アプリケーション一覧)」(またはデスクトップメニュー)にアイコンが表示されるはずだ。そのアイコンをクリックした後、プロンプトが表示されたら、sudoパスワードを入力する。GUIが開いた瞬間に、「これは自分には難しすぎる」と思うはずだ。パニックに陥ってはいけない。

 最初に知っておく必要があるのは、GUIの左下辺りに「Connection to firewalld established(firewalldに接続しました)」と表示されていることだ。これは、すべてが正常に機能していることを意味する。

 次に必要な情報は、ウィンドウの上部付近にある「Configuration(設定)」ドロップダウンに関することだ。そのドロップダウンをクリックすると、「Runtime(実行中)」と「永続(Permanent)」という2つのオプションが表示される。

 両者の違いは単純だ。「Runtime(実行中)」とは、現在実行中のファイアウォールを設定しようとしていることを意味し、マシンを再起動すると、それらの変更は無効になる。「永続(Permanent)」を選択すると、その名の通り、変更した設定が再起動後も維持される。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
ガバメイツやISIDら5社、中小規模自治体向けの業務標準化モデルを共同開発
IT関連
2023-11-09 11:28
LegalOn Technologies、電子契約サービスを提供へ–契約ライフサイクル管理を一気通貫で
IT関連
2023-12-15 05:58
愛国者の拠点となったソーシャルメディアParlerのAWS復帰要求を裁判所が却下
ネットサービス
2021-01-23 23:13
好きな視点と照明でリアルな合成画像 Googleなど「Neural Light Transport」開発 :Innovative Tech
イラスト・デザイン
2021-03-29 00:13
ワンタッチでZoom会議に参加 専用端末「ThinkSmart View for Zoom」レノボから
社会とIT
2021-01-27 15:42
マイクロソフト、クラウドベースの大規模なビジネスメール詐欺活動を阻止
IT関連
2021-06-17 20:41
身近な企業に使われつつあるAI、その解決すべき課題とは?
IT関連
2023-06-07 16:26
NSAやFBI、ロシア軍情報部が関与するブルートフォース攻撃について警告
IT関連
2021-07-02 16:47
マイクロソフト、オープンソースの分散アプリケーションランタイム「Dapr 1.0」リリース。Kubernetes対応、サービス間メッセージング、ステート管理など提供
Dapr
2021-02-22 17:29
Sono Motorsがソーラーカー技術を自動運転シャトルバスのEasyMileにライセンス供与
モビリティ
2021-01-14 12:28
メタバースの向かう先–予測困難な今後の展開
IT関連
2023-01-14 15:23
2020年度のERP市場、コロナ禍で前年度比5.8%増とやや低い伸び–ITR予測
IT関連
2021-04-12 14:25
Googleの親会社Alphabet、ロボット用ソフト企業Intrinsic立ち上げ
企業・業界動向
2021-07-26 13:12
勝手に動き回って伸縮するパーティション登場 ソーシャルディスタンスとプライバシー確保 東北大学が開発 :Innovative Tech(1/2 ページ)
トップニュース
2021-08-14 03:40